【朝まで抱いても飽きない体】生唾飲み込むエロいボディラインに距離感近めのコミュニケーション。港区の上級女子が一晩中マ●コの奥突かれて潮吹きまくりでイキ狂う!

港区女子。

煌びやかな虚栄の世界で生きる為に、時にはニコニコ愛想良く酒を飲み、時にはおじさんのチ●ポをマ●コの奥まで突っ込まれる港区女子。

「私、もっと上目指してるので」

イ●スタを中心にフリーのモデルをやっているという美女が今回のターゲット。
話を聞き始めて早々に剥き出しの野心を見せてきます。どんなチャンスにも食らいつく、
学も職能も無いが ただただルックスが良い を武器に戦う港区女子の覚悟です。

当然男側への要求もストレートで、

「仕事できる人じゃないと無理なんですよね」

「話の運び方とか、段取り悪い人いるじゃないですか?そういう人って仕事できないんだろうなって」

「なんでもっとお金稼ごうと思わないのかなって思うんです」

飲み会に誘って奢らなかったら100%SNSで晒されます。
ですが、羽振の良い男にとってこれほど便利な存在はありません。

港区の繋がりをチラつかせつつバーを渡り歩き、無事ホテルイン。
大きな瞳で見つめながら、たっぷりの唾液を口に溜めて、ジュポッジュポッと音を立てる。
付き合ったばかりの恋人みたいに、いたずらな笑みを浮かべながらチ●ポをしごく彼女の口内に射精。嫌な顔ひとつしない。

合流したおじさんと早々に外のジャグジーへ。
港区の夜景を臨みながらシャンパンで乾杯。言うまでもなく、イチコロ。

キラキラした空間とアルコールで目がとろんとしてるうちに、キスで口を塞いで追い込んでいく。
綺麗な形でハリのある天然巨乳をじっくり堪能しながら、もうぬるぬるのマ●コへ手を伸ばす。
中指と薬指がギリギリ入るキツさ、ジャグジーの湯に、マン汁がどんどん溶け出していく。そのまま少し膣内を掻き回すと勢いよく潮が吹き出してくる。

すっかり準備は万端で、そのまま屋外ジャグジーで挿入。まん丸でデッカい尻から、ウエストへのくびれがとても良い眺めで、ピストンの勢いが増していく。

「……んぁっ、…だっ……だめっ……ぅぅぁあっ!んあぁあ!あっ!」

体をビクつかせながら声を必死に抑えようとするが、チ●ポの勢いには勝てなかったようで、甲高い喘ぎ声が夜のお台場に響き渡っていきました。

潮吹き体質なのか室内に移動してからもソファで、ベッドで、廊下で。プシューッと撒き散らしていきます。

「びしょびしょ…出禁になっちゃう…」

口でそう言ってもまだまだマ●コの噴水が止まりません。
バックで突くとチ●ポがピンポイントで弱点に当たるらしく、顔を伏せまましばらくうなって、ビクンビクンッと全身が跳ねる。
正常位では男の腰を脚でガッチリホールド、両腕で力一杯しがみついてイキ続けました。

部屋中が彼女の潮とマン汁でシミだらけになり、エロい空気が充満してきた頃、おっぱい目掛けて射精。

チ●ポを抜いた後もしばらく小刻みに震えて余韻イキする姿が、最高にムラつきます。

「はぁ…はぁ…」と大きく開いた口にいきなりチ●ポを突っ込んで、そのままイラマピストン。
戸惑いながらバタバタ跳ねる両脚を無視してチ●ポをどんどん喉深くまで潜らせて行きます。

「ッンボ、ゴボッ!」

えづき汁でドロドロになったチ●ポを、今度はマ●コへ突っ込んでいく。

「んいゃっ!あぁあ…っうぁぁ…」

1回戦の熱がまだ引かないマ●コは、挿れた瞬間からチ●コと脳がとろけそうな快感です。

まだまだ夜はこれから。
抱き心地最高、こんなエロい体なら一晩中飽きない。

女優名:
咲野瑞希 (さきのみずき)
生年月日:
1999年10月06日
現年齢:
24歳
サイズ :
T165 / B84(Fカップ) / W59 / H87
X :
@Sakino_Mizuki
Instagram :
@sakino_mizuki_nya

コメント